仕手株の一覧を見ていると、一定の傾向があることに気づくと思います。その一つが低位であることです。つまり、私情の平均的な水準よりも安くなっているものが多いのです。安いのにはもちろんですが理由があります。ただ単に人気がないと言うこともありますが、やはり業績面や財政面での不安があるからでしょう。安い銘柄は投資の対象とならないのかというと、そうではありません。安い内に買って高く売るのは投資の基本です。仕手株としてもこれがあるからこそ急騰銘柄を作り出せるのだと考えられます。

低位の株を静かに仕込んで、市場の需給をタイトにしていきます。上昇すれば一度売って急上昇しないような状態を作っていきます。需給が逼迫したところで一気に買い上がるというのが常套手段です。低位であるからこそこれができると考えられます。というのも、元々そこそこの水準の銘柄があれば、少し上昇したところで誰かが気づいて上昇してしまう可能性があります。他の投資家が見向きもしないような低位な株であればその可能性は低いでしょう。

仕手株の一覧を見れば、どちらかというと投資したくはないという銘柄も含まれていると思います。自分ならきっと投資をしないと思うような銘柄も一覧にはたくさんありますが、だからこそ期待が膨らんで価格上昇が起ると考えられます。要はギャップです。それに載っていくのも一つの方法ですが、やはりファンダメンタルズによる分析を冷静に行うことは大事なことです。仕手株を買って一時的に儲けるのは良い方法の一つですが、元々低位な株だと言うことを考えれば、ファンダメンタルズ的には弱いです。長期保有はするべきではなく、早めに利益確定するべきだと考えられます。