仕手株は急激に株価が上がりすぎの状態になっていきます。
株価が適正価格というのは、企業業績に見合った価格なのかどうかです。決算が黒字であれば、またその黒字が拡大する場合には、配当金額が増額されることを期待して、株価も上昇していきますし、逆の場合には、配当金額が減額されることを予測して、株式は売られ、下がっていくことになります。
仕手株は、通常ボロ株ともいわれるぐらい、株価も100円未満で、企業業績も赤字続きなど、上昇する要素がないにもかかわらず、急激な価格上昇が始まります。仕手株に共通しているのは株式市場における発行株式数量が少ない銘柄が目羅われます。
これは、価格が低く、発行株式数量が少ない場合には、少し買い集めるだけで、品薄状態になるので価格も上げやすいのです。株価が上昇し始めると、その背景を知らないユーザーはこうした仕手株と知らずに、売買に参画してくるのですが、仕手筋と言われる集団は、密かに買い集めた株式が高値になっていく過程で売却していくので、株価が天井を迎えるころには、売り抜けていて、多額の利益を手に入れているのです。
マツダ配当やラサの仕手株だったかどうかは、株価上昇だけでは判断しにくい面がありますが、株価が上昇する要因がないにもかかわらず、上昇する場合には、過去の日経平均と連動していない値動きかどうか、取引売買数量が異常値を示していないかどうかなどから、判断することができます。
仕手株は、配当利回りや株式譲渡益が期待できない、投資をしても利益追求が見込めない株式が狙われます。
こうした株には、手を出さないことが損失を被らない秘けつでもあるといえます。
株式投資をする人は気を付けたい項目です。