野村證券の野村ホールディングスとユニチカはどちらも東証一部の銘柄ですが、その企業の規模に関しては非常に大きな差があります。
野村ホールディングスは時価総額が3兆円以上ある超大型銘柄であるのに対して、330億円程度と100分の1程度の規模しかありません。

そのため、このふたつの打ち仕手株となりやすいのはどちらかというと、ユニチカのほうが仕手株にはなりやすいということになります。
仕手株を行うには株を買い集めた後、株価を吊り上げる必要があるのですが時価総額が3兆円以上もある野村ホールディングスの株価を吊り上げるということは実質的に不可能に近く、もしそれを実行しようとしても少し株価が上がった段階で次から次へと売りが湧いてくることになり、結果として仕手筋が大量の株を抱えてしまうことになります。
一方のユニチカに関しては極端に時価総額が低いというわけではありませんが、株価も低迷気味であり市場からの注目度も低いので仕手株化することは、野村ホールディングスと比較をした場合には不可能ではないレベルとなっています。

実際にユニチカの場合にはときおり怪しい動きが散見されることがあり、その際には仕手筋が入っている可能性も高いものとなっています。
仕手株化された銘柄というのは上手く流れに乗ることができれば、仕手筋のおこぼれを頂戴することが出来ますが、多くの場合には高値づかみをして大きな損切りをさせられてしまうか、あるいは長期間塩漬けになってしまう可能性が高いものとなっているので、ユニチカに投資をしようと考えている時には株価が大きく上昇した時ではなく、下落して横ばいになり株価が安定してきた時に購入をするとリスクを抑えることができます。